【ニュース・ドイツ】ボンで「キッパ・デー」に関する声明

フンボルト財団(Alexander von Humboldt-Stiftung:AvH)、ドイツ学術交流会(Deutscher Akademischer Austauschdienst:DAAD)、ドイツ研究振興協会(Deutsche Forschungsgemeinschaft:DFG)による共同声明

 

2018年7月19日にボンで開催された「キッパ・デー(Tag der Kippa)*」で、ボン市は反ユダヤ主義に対する社会的結束を明確に表明した。
AvH、DAAD、DFGは「キッパ・デー」への職員の参加歓迎を明示し、多くの職員が参加した。「キッパ・デー」では、以下の共同声明が発表された。

 

「科学と研究には、自由とコスモポリタニズムが必要である。国際交流、そして国家・文化・宗教を越えた先入観のない出会いは、科学と研究の前提条件であるだけでなく、オープンで民主的な社会そのものにとって必要である。
私たちは、敵意、暴力、差別、不寛容を許さない。ボンに立地するAvH、DAAD、DFGの3機関は、ボンがコスモポリタンで国際的、かつ魅力的な場所であり続けるように、またゲストや従業員および同僚が皆、快適で安心できると感じられるような場所であるように保つことを約束する。これはまた、ドイツおよびボンに来るあらゆる人々が、当局による保護を頼ることができることを意味する。」

 

AvH:エンノ・アウフデルハイデ(Enno Aufderheide)事務局長
DAAD:マルグレット・ヴィンターマンテル(Margret Wintermantel)会長
DFG:ペーター・シュトロシュナイダー(Peter Strohschneider)理事長

 

*キッパ・デー…キッパとはユダヤ教徒の男性がかぶる円形の小さな帽子。2018年にドイツ各地で行われた反ユダヤ主義の台頭に抗議するデモでは、ユダヤ人だけではなく一般市民も参加者がキッパを頭に被って連帯参加し、反ユダヤ主義の台頭に抗議を表明した。

 

2018年7月19日

 

AvH:Erklärung zum Bonner “Tag der Kippa”

地域 中東欧・ロシア
ドイツ
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
国際交流 国際化
その他 その他
社会との交流、産学官連携 地域連携