【ニュース・タイ】高等教育省が間もなく発足

教育省によると、高等教育を担当する新しい省が7カ月以内に発足予定とのことだ。
最近実施された教育省再編の道筋を検討する委員会の会議で、高等教育のための新しい省の立ち上げに関する提案が可決された。この新しい省は教育省とは別の組織となる予定である。

 

新省に新規の予算や職員を付ける予定はく、新省設置にあたっては、教育省の規模を縮小し、その監督下にある高等教育委員会(Office of Higher Education Commission:OHEC)を新省と合併させるとしている。縮小した分は、新省の元に入ることになる。OHECが扱っていた案件は新省が担当。新省の発足後は、OHECの事務局長は新省の事務次官になる。
「職員数の増減がないので、新省の発足に異議を唱える者は誰もいないだろう。OHECの職員も、高等教育省が発足した際は全員そちらに移ることになる。」と教育大臣のTeerakiat Jareonsettasin 氏は昨日語った。

 

教育省副大臣のUdom Kachintorn氏のコメント:
公共部門開発委員会事務局長Thosapon Sirisamphan氏から得た情報によると、高等教育省の立ち上げに関する関連法は2週間以内に完成し、その後閣議に回されるとのことである。

高等教育省は研究に関する明確なミッションを持つべきだ。つまり国家として戦略的に実施している計画および政府の進めるタイランド4.0に対する支援である。この新省は一人の大臣により所管され、関連機関は事務次官事務局の監督下に置かれる。また、新省は法律により規制されている大学の自治について監督をおこなわない。
高等教育コースを提供している職業訓練校に関しては、引き続き教育省の職業教育委員会事務局の監督下に置かれる。

 

2018年4月25日

 

Bangkok Post:Higher education ministry on the way

 

【関連記事】
【ニュース・タイ】科学技術大臣、新省の案を擁護(2018年5月26日付)
【ニュース・タイ】新省は2019年2月に発足の見込み(2018年6月19日付)

地域 アジア・オセアニア
タイ
取組レベル 政府レベルでの取組
行政機関、組織の運営 組織・ガバナンス・人事