【ニュース・ケニア】ナイロビ大学、キャンボゴ大学との連携強化について議論

 
ケニアのナイロビ大学(The University of Nairobi:UoN)は、ウガンダのキャンボゴ大学(Kyambogo University)との協議を開始した。両大学は、連携の強化に関する了解覚書に間もなく署名する予定である。
 
キャンボゴ大学副学長のエリ・カトゥングカ・ルワキシャヤ(Eli Katunguka Rwakishaya)教授は、2018年1月11日、ナイロビ大学副学長のピーター・ムビティ(Peter Mbithi)教授を表敬訪問した。
 
ムビティ教授はこの会談で、両大学の連携強化を歓迎した。これに対して、ルワキシャや教授も、この連携が実現したことに喜びの意を表明した。両大学が連携を結んだことによって、職員だけでなく学生らも共同の研究基金や実験施設などを活用することが可能になるだろう。
 
2018年1月11日
 

地域 中東・アフリカ
ケニア、その他の国・地域
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
国際交流 国際化
レポート 海外センター