【ニュース・ケニア】ジョモケニヤッタ農工大学とパーダーボルンが、コラボレーション対話実施

 
ドイツ資本であるパーダーボルン大学(UPB)の健康とエクササイズ学部は、ジョモケニヤッタ農工大学のリハビリテーション科学科と合同して、
より深い知見を広めるための科学的かつ教育的な発展が必要であると強調してきた。

 
これは、最近、パーダーボルン大学のチームがジョモケニヤッタ農工大学を訪問したことから明らかになった。2つの組織間で、リハビリテーション
科学(スポーツ科学、理学療法)分野における研究と教育の交換プログラム構築に話し合いの焦点があてられた。

 
コラボレーションは、学生の基本的な知識の底上げ、スキルの習得と問題解決能力を学部レベルから修士レベルに引き上げる狙いがある。

 
2020年3月15日


Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology: JKUAT and Paderborn Hold Collaboration Talks


地域 西欧、中東・アフリカ
ドイツ、ケニア、その他の国・地域
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
人材育成 若手研究者育成