【ニュース・イギリス】“World University Rankings2014-2015”

2014年10月1日、英国の高等教育専門誌Times Higher Education(THE)が、“World University Rankings2014-2015”を発表した。同ランキングは、米国に本社を置く国際的な情報企業Thomson Reutersから情報提供を得て作成されたものである。

同ランキングでは、以下のとおり、5 つのカテゴリーに分類される13 の評価基準が設定されており(【 】内は評価ウェイト)、教育、研究、知識移転活動から国際性まで、大学のあらゆる活動が幅広く精査されている。

(i)教育【30%】
(評価基準)教育評価結果、教員1 人当たりの学生数、PhD 授与数/学士号授与数比、教員1 人当たりのPhD 授与数、教員1 人当たりの大学全体の収入

(ⅱ) 研究【30%】
(評価基準)研究評価結果、教員1 人当たりの研究収入、教員・研究者1 人当たりの出版論文数

(ⅲ)論文被引用【30%】
(評価基準)研究の影響力(論文1 本当たりの平均被引用回数)

(ⅳ)産業界からの収入【2.5%】
(評価基準)教員1 人当たりの産業界からの収入

(ⅴ)国際性【7.5%】
(評価基準)留学生/国内学生比、外国人教員/国内出身教員比、国際共著の研究ジャーナル出版数

総合ランキングでは、上位200 大学の個別順位、200 位から300 位までは25 位ずつ(201-225位、226 位-250 位…)、301 位から400 位までは50 位ずつ(301 位-350 位、351 位-400 位)順位が公表されている。また、(1)工学・技術、(2)生命科学、(3)臨床・前臨床・保健、(4)物理学、(5)社会科学、(6)芸術・人文科学の6 分野における上位100 大学のランキングも提供されている。

【概観】
○総合評価:4 年連続でカリフォルニア工科大学が1 位に選ばれ、上位10 位のうち7 大学、上位100 位のうち45 大学(昨年は46 大学)を米国の大学が占めるなど、米国の圧倒的な優位は変わってない。しかし同時に、米国、英国のランクイン数は昨年と比較して減少しており、対してアジア諸国の大学のランクイン数は増加している(下記表2 参照)。特に、米国については、上位200 位に選ばれた大学のうち、60%が順位を下げている(平均▲5.34 位)。スイスのETHチューリッヒ工科大学が13 位(昨年14 位)に選ばれ、昨年に引き続き、非英語圏から上位20 位入りした唯一の大学となっている。

○英国の大学:昨年と同じく、3 大学が上位10 以内に、11 大学(すべてRussell Group 構成大学)が100 位内に選出された。オックスフォード大学・ケンブリッジ大学そしてロンドンの大学のいわゆる「ゴールデントライアングル」の優位は揺るがないものの、地理的にこの中に含まれないエディンバラ大学(39 位→36 位)、マンチェスター大学(58 位→52 位)、ブリストル大学(79 位→74位)、グラスゴー大学(117 位→94 位)等は昨年から順位を上げており、ゴールデントライアングルとの格差是正の動きを見せている。一方で、ヨーク大学(100 位→113 位)、シェフィールド大学(112位→121 位)等順位を下げる大学もあり、上位200 位選出校は2 校減となっている。

○日本の大学:上位200 位に入ったのは、東京大学がアジアの大学で最高位の23 位(昨年と同位)であったほか、京都大学59 位(昨年52 位)、東京工業大学141 位(昨年125 位)、大阪大学157 位(昨年144 位)、東北大学165 位(昨年150 位)の合計5 大学で昨年と同数であったが、東京大学以外の大学が全て順位を下げている(平均▲12.75 位)。一方、400 位選出校は早稲田大学が選出されたことにより昨年度より1 大学増の12 校となっている。

なお、「【表1】総合上位10 位と、50 位以内に入ったアジアの大学、及び200 位以内に入った日本の大学のランキング」、「【表2】英・米・日本・アジア諸国の各ランクイン校数比較」及び「【表 3】国・地域別、上位400 位入りした大学数(上位20 カ国)・変遷」はこちら(PDF)を参照
また、Russell Groupの反応は、以下「URL2」のとおり。

URL1: http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2014-15/world- ranking
URL2: http://www.russellgroup.ac.uk/russell-group-latest-news/155-2014/8581-russell-group-comment-on-the-world-university-rankings/

地域 その他
イギリス、その他の国・地域
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
大学・研究機関の基本的役割 研究、教育
統計、データ 統計・データ