【ニュース・アメリカ】AAAS、助成受給研究論文のオープンアクセス化が義務付けられた論文執筆者に対して「サイエンス」誌掲載論文の無料公開を許可

 
サイエンス誌を発行する米国科学振興協会(AAAS)は1月15日、助成受給研究結果をまとめた論文の発表と同時に無料購読可能とすることが
 
助成機関から義務付けられている論文執筆者に対し、定期購読科学誌「サイエンス」に掲載されるピアレビュー済み論文を一般公開オンライン
 
リポジトリに保存することを許可するオープンアクセス方針を発表した。

 
現時点でこの方針の対象となるのは、欧州の研究助成機関の大半が所属する「S 連合」(2021年1月から助成先に対してオープンアクセスを義務
 
付ける)に含まれる機関の支援する研究に限定される。

 
AAAS は、新方針を1年間試験的に施行し、同方針が収入減少の原因となるか否かを検証するという。

 
なお、AAAS のオープンアクセス方針は、こちら から閲覧可能。

 
1月15日


Science: Science journals to offer select authors open-access publishing for free


地域 北米
アメリカ
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
大学・研究機関の基本的役割 研究
その他 その他