【ニュース・中国】全国の大学の年間収入総額は9,364億元

北京晨報によると、2015年には、全国の大学の年間総収入額が9,364億元となり、この数字は中国人民大学で2017年4月15日に開かれた「世界一流の大学を目指す取組と教育基金の発展における中国の道」シンポジウムで報告されたものだという。
中国の大学の収入源は比較的単一なもので、その内訳は政府の交付金、授業料・雑費及び民間からの寄付金となっており、政府の交付金が占める割合が多く、その金額は年々増加する一方で、非財政収入が徐々に減少し、大学の収入が政府の交付金に依存する割合が非常に高まっている。2015年度全国の大学の年間総収入額9,364億元のうち、政府の交付金が62.4%、 授業料・雑費が32.2%、民間からの寄付金が0.5%、その他が4%余りであり、民間からの寄付金がわずかである。
また、民間からの寄付金について中国と米国ではその差は歴然であり、中国と米国の大学を比較すると、2015年度の米国の大学は400億ドルだが、中国国内の大学はその総額が48億元に留まっている。米国との差は、中国国内の基金会の職員数の不足や資金の規模の差といった理由が挙げられる。

 

2017年4月16日

 

科学网:全国高校一年总收入9364亿元 [来源/北京晨報]

地域 アジア・オセアニア
中国
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
行政機関、組織の運営 予算・財政
統計、データ 統計・データ