【ニュース・フランス】APB追加段階

ポストバックアドミッション(Admission post-bac:APB)第3段階は、大学入学プロセスの主要な手続きとして2017年7月19日に終了した。一方、6月27日に、その追加段階が開始され、9月25日まで続けられる。この大学入学プロセス開始時には、808,740人の志望者が少なくとも1つの希望を出しており、その内75%は新卒の高校生であった。7月21日現在、65,431人の志望者が受入提案を待っており、その内38,002人は新卒者である。内訳は、2,699人が一般バカロレア、11,688人が技術バカロレア、23,615人が職業バカロレア合格者である。
これら65,431人の志望者のうち、

  • 38,780人の志望者はAPBに提出した希望に対して1件の受け入れ先も見つかっていない。
  • 26,651人の志望者は選抜が行われる分野に希望を出したが、選抜から漏れた生徒である。

7月21日現在、APBの主要手続きでは、受け入れ先を見つけることができない22,891人の志望者が、追加手続きに廻っている。この追加手続きは9月25日まで受けつけており、フランス全土で187,000人分の受け入れ先が用意されている。
この追加手続きでは、主要手続きと異なり、優先順位を付けることなく12の志望先を提出する。
対象となる志望者は、

  • APB主要手続きに申し込んだが、志望先に受け入れられなかった者、補欠受入の通知をもらった者、あるいは他への志望を捨てず、受入受諾を留保した者。
  • APB主要手続きに申し込んだが、手続き途中で放棄した者(志望先確認を忘れた者、6月8日~13日の第1段階における受け入れ先提案に対して回答しなかった者)。
  • 本年、APB主要申込をしなかった者。

APBはバカロレア取得者、バカロレア受験予定者、バカロレアと同等の資格をもち、26歳以下の者は、高等教育の1年次登録のために、誰でも応募できる制度である。

 

2017年7月21日

 

Ministère de l’Enseignement supérieur, de la Recherche et de l’Innovation:Phase complémentaire de l’Admission Post-Bac

 

【関連記事】
【ニュース・フランス】APB第3段階(2017年7月14日付)

地域 西欧
フランス
取組レベル 政府レベルでの取組
人材育成 入試・学生募集