【ニュース・フランス】生涯教育パイロットモデルの第2回目の募集で9つの機関、あるいは機関グループが採択

高等教育における継続教育、生涯教育の開発に資するという方針の国民教育・高等教育・研究省の政策に沿って、また、2015年11月にFrançois Germinet氏からの大臣たちへの答申を受けて、2016年に作られたモデル機関ネットワークを強化するためにこの募集が2016年末に開始された。その目的は、生涯を通じて生涯トレーニングを現実的なものとするためには、初期研修、そして継続研修を組み合わせた訓練モデルをテストすることにある。この第2回目の募集は2018年に20の追加雇用を生み、それは機関へ毎年300万ユーロの割当に相当する。
採択された機関はつぎのとおり。

  • パリ工芸大学校
  • ブルゴーニュ=フランシュ・コンテ大学連合
  • ギアナ大学
  • ロレーヌ大学
  • パリ・ルミエール大学
  • ノルマンディー大学
  • トゥールーズ-ミディ・ピレネ大学連合
  • ボルドー・モンテーニュ大学
  • レユニオン大学

2017年1月23日

 

Enseignement supérieur et Recherche:9 établissements et groupements d’établissements lauréats du 2e appel d’offre “Pilotes formation tout au long de la vie”

地域 西欧
フランス
取組レベル 政府レベルでの取組
行政機関、組織の運営 政策・経営・行動計画・評価