【ニュース・フランス】無限の多様性:145人の研究者が科学について語る

国民教育・高等教育・研究省の委嘱で、写真家Marie-Hélène Le Nyによる「無限の多様性」と題した巡回写真展が145人の女性科学者を紹介している。化学に始まり、歴史、哲学、航空宇宙、宇宙物理の分野における、若手研究者、教授、エンジニアがもっとも素晴らしい研究について語り、私たちの世界の神秘的なシーンへと情熱をもって誘う。

 

美と感情を組み合わせた芸術的なビジョンによって科学を表現
フランス各地の大学で研究を行っている若手研究者、教授、エンジニアがそれぞれの研究を音声付きで語るもので、また、CNRS、INRA、INSERM、ESPCIなどの研究機関やAtlantic Santé、Essilor、L’Oréal, Saint-Gobainなどの企業研究者も登場する。
この巡回写真展はまず2013年9月27日にブザンソンで、「科学者の夕べ」を機に始まった。その後、パリ、ブザンソン、カラカス(2014年)、ブリュッセル、そしてフランス全土、シカゴ(2015年)、ワシントン、ローラ(ミズーリ科学技術大学)、デンマーク(コペンハーゲン大学2016年)、ラオスと続き、最後は2017年2月8日から3月9日までパリ・スュフレン通りのユネスコ本部外壁で25のポートレートが展示される。

 

2017年2月15日

 

Enseignement supérieur et Recherche:Infinités Plurielles : 145 scientifiques vous parlent de science

地域 西欧
フランス、その他の国・地域
取組レベル 政府レベルでの取組
その他 その他