【ニュース・フランス】学生生活手続きとサービスの新しいポータルサイト、etudiant.gouv.frがオープン

国民教育・高等教育・研究大臣Najat Vallaud–Belkacem氏と高等教育・研究担当大臣Thierry Mandon氏は、CROUSネットワークとともに、学生生活の手続きとサービスに関するインターネットポータルサイトを開設したと発表した。

2015年10月1日、学生生活国家計画で表明されたように、このポータルサイト(http://www.etudiant.gouv.fr)は学生たちが高等教育機関に入学し、学習過程で遭遇するさまざまな事柄に対処できるよう、情報とサービスを一元的に提供し、手続きを円滑にできるようにする。

これまで分散していた情報とサービスをこの新しいポータルサイトに集約することで、学生生活に関係したさまざまなアイテムに容易にアクセスすることができる。

・学習:オリエンテーション、上級課程への登録、トレーニング

・権利:CROUSに申請する奨学金や住居に関する申請の権利(Dossier Social Etudiant)の申請、学生住居賃貸保証金(CLE)、学生向け住居情報、個人宅借間情報(Locaviz)

・学生の日常生活サービス:学生食堂、通学のための交通、医療と健康、社会保障

・アクティビティ:インターンシップ情報、アルバイト求人情報(Jobaviz)、文化活動、サークル活動の案内、スポーツ

・留学:留学に関する各種支援、Erasmus+の支援、公共団体が提供する支援。

使用にあたっては、「マイ・アカウント」ボタンから、学生の現況ファイルのアップデートや、CROUSが提供する各種サービスにアクセスができる。また、奨学金や住居申込などが期限内に適切に処理されるよう、A.P.Bや学生現況ファイルと連動している。

2016年1月15日以降、新年度に新しく学生になる者も含めて、このポータルサイトから奨学金や住居の申込をすることができる。

ポータルサイトの閲覧は利用者の利便性を考え、携帯電話、タブレット、パソコンに対応しているだけでなく、身体障害者に対応できるようアクセシビリティの点にも配慮している。

 

2016年1月18日

Lancement de etudiant.gouv.fr, le nouveau portail numérique des démarches et services de la vie étudiante

 

CROUSとは

パリに本部があるCNOUS(クヌース)の地方組織です。学生の生活や勉学環境の質の向上と高等教育における機会均等を図る、国民教育省の所管の学生支援機関です。フランス全国に27のCROUSがあり、さらに16の地区センター(CLOUS)と40の支部が存在します。フランスの大学に通う学生のために様々なサービスを提供しています。学生の国籍は問いません。

地域 西欧
フランス
取組レベル 政府レベルでの取組
大学・研究機関の基本的役割 教育
その他 その他