【ニュース・ドイツ】ドイツ研究振興協会(DFG)新評議員7名を選出

2017年7月5日にハレ(ザーレ)で開かれたドイツ研究振興協会(Deutsche Forschungsgemeinschaft:DFG)の年次総会において新たな評議員7名が選出された。また、6名の評議員の任期を4年延長することが決定した。評議会は、会員総会によって採択された基本方針に従って、協議会で審議する事柄以外のDFGに関わる重要な事柄を審議し、決議する中心的な学術委員会である。

 

評議会には、具体的な助成決定に先立って、専門的判定や評価ならびに採択に関わる決定を下す権限があり、どのような審査委員会が作られ、どのように組織されるべきかを決定する。

 

今回選ばれた評議員7名は、工学、生命科学及び人文社会科学の分野からのそれぞれ2名ずつと、自然科学分野からの1名から成る。新しい評議員のうち4名は女性研究者である。39名のメンバーから成る評議会には現在17名の女性研究者が所属している。

 

以下7名が新たに評議員に選出された。

デュースブルク・エッセン大学 ヨルグ・シュレーダー(Jörg Schröder)教授 建築構造力学
ビーレフェルト大学 ヘルゲ・リッター(Helge Ritter)教授 システム工学
ベルリン医科大学病院 ブリッタ・ジークムント(Britta Siegmund)教授 保全医学
ケルン大学 ゲレオン・ルドルフ・フィンク(Gereon R. Fink)教授 神経科学
ブラウンシュヴァイク工科大学 ウーテ・ダニエル(Ute Daniel)教授 歴史学
ベルリン社会科学研究センター ドロテア・キューブラー(Dorothea Kübler)教授 経済学
マックス・プランク高分子研究所
(マインツ)
ターニャ・バイル(Tanja Weil)教授 分子化学

評議会には計39名の評議員が所属している。会員総会によって評議員として36名が選出され、その36名は、同時に協議会の学術委員でもある。さらに、ドイツ大学長会議会長、ドイツ自然科学・人文科学アカデミー連合代表、マックス・プランク協会代表も評議会のメンバーである。ドイツ研究センターヘルムホルツ協会、フラウンホーファー協会の代表ならびにドイツ学術審議会(WR)の理事長は、評議会の常任客員評議員である。

 

2017年7月5日

 

DFG:Sieben neue Mitglieder im Senat der DFG

地域 中東欧・ロシア
ドイツ
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
行政機関、組織の運営 組織・ガバナンス・人事