【ニュース・ドイツ】エラスムス開始から30周年

毎年約30万人の学生や研究者の外国留学やインターンシップを支援するエラスムスプログラムが、今年で30周年を迎える。このエラスムスプログラムは、EUのプロジェクトの中で最も成功しているものの一つである。ドイツ学術交流会(DAAD)は、プログラム開始の1987年以来、ドイツにおけるエラスムスの国内実施機関の一つとしてプログラムを展開させている。
これまで300万人以上の学生がエラスムスプログラムを通して、EU圏の他国での滞在を経験する機会を得ている。彼らの多くは学術、芸術、経済、政治の分野で重要な地位に就き、その滞在経験を自身の仕事へ活かしており、エラスムスプログラムは、過去30年の間に、欧州の若い世代にとって一つの成功モデルへと発展したと言えるだろう。

 

2017年1月24日

 

DAAD:Erasmus stärkt die Europäische Identität

地域 中東欧・ロシア、EU
ドイツ
取組レベル 国際機関レベルの取組
大学・研究機関の基本的役割 教育
国際交流 国際化、学生交流