【ニュース・デンマーク】デンマーク高等教育・科学省:自国の環境にやさしい資源に関する研究が国際的に高水準であることを発表

デンマーク高等教育・科学省は、2014年、より環境に配慮した食料、飼料、エネルギー、テクノロジーの生産を含む、生物資源の活用に関する研究を行うため、13億デンマーククローネ(約220億円*)を公的機関に、37億デンマーククローネ(約630億円*)を民間企業に投資した。
OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)諸国平均と比較しても、生物資源に関する研究はデンマークの強みであり、特に食品分野に関する研究論文は、2005〜2014年においてデンマークでの生物資源に関する全研究論文のうち、最大の56%を占めている。また、同分野の一人当たりの特許数においても、デンマークはOECD諸国内において第2位に位置づけられている。
本研究は、同国の調査研究に係る最善の枠組みの構築を目指す高等教育・科学省の取組に大きく貢献するものである。

 

*円表記はJSPSストックホルム研究連絡センターが追記

 

【出典】
デンマーク高等教育科学省:New survey shows Danish research into environmentally-friendly resources is of high international quality

地域 北欧・バルト三国
スウェーデン、その他の国・地域
取組レベル 政府レベルでの取組
研究支援 研究助成・ファンディング、研究評価