【ニュース・タイ】679校が基準に達していない

学校の標準強化プログラム制度を導入している基本教育委員会(The Office of the Basic Education Commission:Obec)の事務局によると、このプログラムに参加しようとしている4,500以上の学校のうち少なくとも600校が教育の質が低いとしている。

 

Obec事務総長のKaroon Sakulpradit氏は、早急な改善を必要とする学校を支援することを目的とした、集中ケアユニット(Intensive Care Unit:ICU)プロジェクトによって選抜された4,518の学校の内、679の学校が基準を満たしていないと語った。
このプログラムを実行しようとしている4,518校のうち、679校は教育の質が悪く、2,490校は予算不足のため校舎や教材が不足しており、1,040校が教員不足、103校が管理上問題があり、残りはさまざまな問題を抱えている。ICUプロジェクトに参加している学校は、Obecの監督下にある30,717校に含まれる。ICU計画に参画しようとする学校のうち、4,206校が教育サービス地域事務局の責任下で管理され、残りの312校は中等教育サービス事務局が管理している。

 

Karoon氏は、教育事務局のChaipreuk Sereerak氏が議長を務めるプロジェクトを監督するグループが、各学校の状況を分析し、どの学校が最も助けを必要としているかを評価すると述べた。教育専門家のグループは、開発が必要とされる学校をプログラムに加えることを提案することもできる。グループがICUプロジェクトに含まれるすべての学校のリストを集めた後、Teerakiat Jareonsettasin大臣に提出して承認を得る前に、Chaipreuk氏にそのリストを提出して、検討することになったと語った。

 

Karoon氏によると、洪水によって被害を受けた南部の学校も、修復やインフラ整備が必要な場合にはそのリストに含まれる可能性がある。Obecは、支援を求めているいくつかの学校の特定の問題は、地方自治体によって対処が可能だと述べている。Karoon氏は、洪水の被害にあった学校の維持管理費をカバーするための資金提供はすでに行われていると述べた。
彼はまた、ICUプログラムの下にあるいくつかの学校は、Obecによって提供される年間の教育改善予算をすでに受け取っていると述べた。仮にこれらの学校がICU計画に加わった場合、配分される基金は、プログラムの下での使用のために流用することができる。

 

2017年1月25日

 

PressReader:679 schools fail to meet standards [Bangkok Post]

地域 アジア・オセアニア
タイ
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
行政機関、組織の運営 政策・経営・行動計画・評価
大学・研究機関の基本的役割 質の保証