【ニュース・タイ】アジア開発銀行(ADB)が研究・イノベーション開発向けに3億米ドルの融資を提案

2016年4月22日、教育省Chandrakasem Lobby室にて教育省副大臣のTeerakiat Charoensettasin氏は教育省事務次官付Duriya Amatawiwat氏と共に、アジア開発銀行(ADB)タイ駐在員事務所所長 根岸靖氏を迎え、教育計画・協力について協議した。

 

根岸氏は「ADBは“研究と技術イノベーションに向けたインフラ”事業を後援するため3億米ドルの融資を提案した。」と述べた。この事業の目的は次のとおりである。

 

・研究とイノベーション創造の可能性を拡大させる
・共同研究事業を振興する
・学術の質と学術事業を発展させる
・卒業生が労働市場の要件を満たす適切なスキルと知識を習得するよう、指導の質を向上させる

 

2億米ドルが共同応用研究事業に割り当てられる予定である。この資金は、経済成長機構として10の産業によるクラスター内におけるS&T分野の卓越した研究拠点を設立するために、大学の学部に転嫁される。

 

残りの1億米ドルは、材料や機器の購入、教員や研究者の育成、学術会議の企画などを通じて、大学の様々な一般研究事業を創造、振興するために割り当てられる。

 

Teerakiat氏は「この事業は卓越した研究拠点と他の研究センターの発展をともに支援するだろう。」と述べた。同氏は検討への次なる一歩としてこの融資事業を起案するため、ADBは高等教育委員会(OHEC)と連携することを提案、さらに、職業教育システムを向上させる共同事業に関し、職業教育委員会(OVEC)の担当者とも連携するようADBに求めた。

 

(2016年4月25日 タイ教育省HP)

地域 アジア・オセアニア
タイ
取組レベル 国際機関レベルの取組、政府レベルでの取組
行政機関、組織の運営 予算・財政
大学・研究機関の基本的役割 研究
研究支援 研究助成・ファンディング