【ニュース・アメリカ】NSFとAACC、第3回コミュニティカレッジ・イノベーション・チャレンジの最終候補10組を選出

米国科学財団(National Science Foundation:NSF)は2017年4月10日、米国コミュニティカレッジ協会(American Association of Community Colleges:AACC)と共に、コミュニティカレッジ学生のSTEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)分野におけるイノベーションスキルの開発を促進し、複雑な実社会における問題に対して革新的なSTEMベースの解決策を提案させることを目的としたコンペ「第3回コミュニティカレッジ・イノベーション・チャレンジ(Community College Innovation Challenge:CCIC)」の最終候補10組を発表した。CCICチームは、コミュニティカレッジ学生3~5人、指導教員、及び、コミュニティもしくは企業パートナーで構成され、①メーカーから製造業者へ(Maker to Manufacturer)、②エネルギーと環境(Energy and Environment)、③セキュリティ技術(Security Technologies)、のいずれかのテーマに関連するソリューションの提案を文書及び映像で提出する。今回選出されたチームは、「メーカーから製造業者へ」部門では、「エンテロスウォード(EnteroSword)による抗生物質耐性の原則」に取り組むデルマー大学(Del Mar College、テキサス州)を含む2組、「エネルギーと環境」部門では、「再生可能エネルギー屋根瓦システム」に取り組むフォーシス技術大学(Forsyth Technical、ノースカロライナ州)を含む6組、そして、「セキュリティ技術」部門では、「簡単に安全」に取り組むバックス郡コミュニティカレッジ(Bucks County Community College、ペンシルバニア州)を含む2組、の合計10組である。また、今回選出された最終候補10組には、NSFとAACCが共催し、6月にバージニア州アーリントンで行われる「イノベーション・ブートキャンプ(Innovation Boot Camp)」への参加資格が与えられている。ブートキャンプでは、学生たちは、実社会における変化につなげるために提案書を行動に移す手段を学ぶことになる。

 

National Science Foundation:Finalists for 2017 Community College Innovation Challenge announced

地域 北米
アメリカ
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
大学・研究機関の基本的役割 教育、研究
社会との交流、産学官連携 社会貢献、産学官連携