【ニュース・アメリカ】NSF、CAREERプログラムの下で5年間に亘って助成を受給する若手工学系大学教員156人を発表

米国科学財団(National Science Foundation:NSF)は2017年4月5日、NSF大学教員初期キャリア開発(NSF Faculty Early Career Development:CAREER)プログラムの下でNSF工学局から今後5年間で1人あたり最低50万ドルの助成を受給する、キャリア初期にある工学系大学教員156人を発表した。これらの助成受給者の研究領域は、スマートマテリアルから先進ロボット、安全な通信まで幅広い。2017年度に工学局が拠出するCAREER助成は総額約7,800万ドルで、総額は2億2,900万ドルになると予測されている。また、助成受給者の約32%は女性で、約10%はマイノリティであることが自己申告データから明らかにされている。

 

なお、助成受給者の詳細リストは、以下より閲覧可能。
National Science Foundation:list of FY 2017 NSF Engineering CAREER grantees

 

National Science Foundation:156 early career engineering researchers to journey to frontiers of their fields, chart new paths

地域 北米
アメリカ
取組レベル 大学等研究機関レベルでの取組
人材育成 若手研究者育成、教員の養成・確保
研究支援 研究助成・ファンディング