【ニュース・アメリカ】NIH長官、新政権発足後も少なくとも暫定的に現職に留任

国立衛生研究所(National Institutes of Health:NIH)は2017年1月19日、NIHのフランシス・コリンズ長官(Francis Collins)が、新政権発足後も少なくとも暫定的に現職に留任することを発表した。コリンズ長官は、2009年にオバマ大統領から指名を受けてNIH長官に就任している。コリンズ長官の留任期間など、詳細は不明であるが、次期NIH長官候補には、アンディ・ハリス下院議員(Andy Harris、メリーランド州選出共和党)やバイオ技術起業家のパトリック・スン・シオン氏(Patrick Soon-Shiong)などの名前が挙げられている。なお、次期政権移行チームは、コリンズ長官を含め、オバマ政権下で要職に就いている連邦省庁幹部職員約50人に対し、少なくとも暫定的に現職に留任することを要請している。なお、コリンズ長官は、NIH長官留任が暫定的なものとなる場合、退任後は前職であるNIH研究所の遺伝学研究職に復職する予定である。

 

The Washington Post:NIH Director Francis Collins to stay in his post for now

地域 北米
アメリカ
取組レベル 政府レベルでの取組
行政機関、組織の運営 組織・ガバナンス・人事