【ニュース・アメリカ】オープンデータ共有政策に関する省庁間作業部会、連邦省庁間でのオープン科学データの共有における情報提供と一貫性の改善を目的とした報告書を発表

オープンデータ共有政策に関する省庁間作業部会(Interagency Working Group on Open Data Sharing Policy)は、連邦省庁間でのオープン科学データの共有における情報提供と一貫性の改善を目的とした報告書「連邦助成受給研究による科学データ及び国際科学協力を通した研究結果へのアクセス促進ための原則(Principles for Promoting Access to Federal Government-Supported Scientific Data and Research Findings Through International Scientific Cooperation)」を発表した。本報告書で提示された原則は、連邦助成受給研究による科学データ及びそれに付随するメタデータに適用される。また、同原則は、連邦助成受給科学研究から得られた結果の発表に政策をどのように適用させるかについても要約している。これらの原則7項目の具体的内容は以下の通り。

  • 科学の進歩と協力は、科学データの作成・記述・キュレーション・維持管理・検証・発見可能性・アクセス可能性・分配に対するコミットメントによって利益に繋がる。
  • 科学データは、法律において許され、プライバシー・機密性・安全保障などが適切に制限されている限り、自由にアクセス可能とすべきである。
  • 政府助成受給研究の科学データは、無料で入手可能とすべきである。
  • 国際科学技術協力活動のパートナーは、プロジェクト開始時にデータ管理計画を策定すべきである。
  • 連邦省庁は、科学データの国際的共有を促進するために、技術・司法面における相互運用を奨励すべきである。
  • 政府助成受給研究の科学データは、できる限り早く入手可能とすべきである。
  • 連邦省庁は、国際科学技術パートナーと協力し、協力活動で得られたデータの自由な共有を奨励する政策及びデータ基準を採用すべきである。

なお、本報告書は、以下よりダウンロード可能。
The White House:PRINCIPLES FOR ROMOTING ACCESS TO FEDERAL GOVERNMENT-SUPPORTED SCIENTIFIC DATA AND RESEARCH FINDINGS THROUGH INTERNATIONAL SCIENTIFIC COOPERATION[PDF:198.72KB]

 

The White House:Strengthening Global Sharing of Scientific Data and Research Findings

地域 北米
アメリカ
取組レベル 政府レベルでの取組
行政機関、組織の運営 政策・経営・行動計画・評価
研究支援 研究評価