【ニュース・アメリカ】エネルギー省、バイオエネルギー研究センター4機関に対し総額4,000万ドルを助成

エネルギー省のリック・ペリー(Rick Perry)長官は2017年7月17日、「バイオエネルギー研究センター(Bioenergy Research Center:BRC)」として4か所を指定し、2018年度予算から総額4,000万ドルを助成することを発表した。これらのセンターは、エネルギー省傘下の国立研究所もしくは著名大学が主導するもので、持続可能で費用効率のよい次世代のバイオ製品やバイオエネルギーの研究開発を進めることとなる。

 

同助成は5年間継続される予定で、今回助成を受けることが決定したBRCは、

ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)がミシガン州立大学(Michigan State University)と提携して主導する
五大湖バイオエネルギー研究センター(Great Lakes Bioenergy Research Center)
オークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Laboratory、テネシー州)が主導する
バイオエネルギー・イノベーションセンター(Center for Bioenergy Innovation)
ローレンス・バークレー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory、カリフォルニア州)が主導する
共同バイオエネルギー研究所(Joint BioEnergy Institute)
イリノイ大学アーバナシャンペーン校(University of Illinois at Urbana-Champaign)が主導する
先端バイオエネルギー・バイオ製品イノベーションセンター(Center for Advanced Bioenergy and Bioproducts Innovation)

の4つである。

 

エネルギー省ではすでに2007年に同名のプログラムを立ち上げており、上記の①~③の3つのセンターに対して助成を行っていた。プログラム名は同じであるものの、今回の新規助成では、バイオ燃料だけでなく、バイオベースの化学薬品・製品の開発も含む取り組みが行われることになる。

 

Department of Energy:Department of Energy Provides $40 Million for 4 DOE Bioenergy Research Centers

地域 北米
アメリカ
取組レベル 政府レベルでの取組
大学・研究機関の基本的役割 研究
研究支援 研究助成・ファンディング